2017おせち予約のおすすめサイト 激選

そもそもおせち料理は四段重ねが基本で、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます。料理の内容や詰め方は地方のしきたりなどもあり様々ですが、めでたい事が重なるということから重箱を使います。ただ、一番下の四段目の重箱は与の重、と呼びます。

 

一の重…田作り、黒豆、数の子などの祝い肴のお重
二の重…きんとんや伊達巻のような甘いものが中心のお重
三の重…魚や海老の焼き物など海の幸のお重
与の重…野菜の煮物などの山の幸のお重

 

おせち料理には、それぞれに古来から言い伝えられる意味があります。

 

黒豆は、一年中まめに働き、まめに暮らせるようにとの願いが込められています。
昆布巻きは、よろこぶの の語呂合わせの縁起物で欠かせません。
数の子は、卵の多さから子孫繁栄の願いが込められています。
田作りは、五穀豊穣の願いが込められています。
海老は、髭が長く曲がっていることから長寿の願いが込められています。海老の赤色は魔よけの色とも言われています。
なますは、紅白の組み合わせは水引を表し、平和を願う縁起物です。
きんとんは、その色から富を得る縁起物とされています。
だてまきは、巻物に似た形から学問・文化・教養を持つことを願う縁起物とされています。
鰤の焼き物は、出世魚であることから、出世を願う縁起物とされています。
レンコンの酢の物は、穴が開いていることから将来を見通すという意味が込められています。
芽出しくわいは、一本芽が出ていることから、めでたいや目が出るという出世の願いが込められています。